イタリア、ベルガモのレストランで無銭飲食(!?)をしたときの話

何年か前、ベルガモに連れて行ってもらったことがあります。

バラが綺麗な季節でした。

ベルガモはミラノの近くにあり、レンガ造りの街並みが素敵な街です。

ベルガモは丘の上と下で街が分かれていて、丘の上にはロープウェーで登ります。

丘の上から見えるベルガモの街。

結構前の話だし、ベルガモの街自体についてはあまり記憶がないのですが、一つだけ覚えていることがあります。

 

丘から降りた私たちは晩ごはんのレストランを探していました。子どもに毛が生えた状態くらいだった私は「メニューがあるお店がいい」などと意味の分からないことを言って、連れて行ってくれたお姉さんからするとうざかったんじゃないかな、と思います。

思い出して恥ずかしい。逆にメニューがない店があるのか?

そんな私たちがたどり着いたのがレストラン「Taverna」

レストランなのに、食べるな?

などと冗談を言いながら入って、私は確かペンネかなにかを注文したような気がしますがはっきりは覚えていません。

そこで支配人っぽい人が私たちのテーブルのところにやってきて、お姉さんに話しかけます。(彼女はイタリア語ができる)

しばらくして支配人はまたテーブルにやってきて、注文していないステーキを置きました。

支配人と話すお姉さんは困った顔ながら嬉しそう。

「サービスだって」

ステーキはおいしかったです。

しばらくして、今度はデザート(頼んでない)を持ってくるその人。

 

頼んでない分までお金取られたらどうしよう……

 

私は心配していました。お姉さんは支配人にもらったワインを飲んでいました。

 

そしてお会計のとき、支配人がお姉さんにまた何か言いました。

「ごちそうしてくれるって」

なんと、注文した料理を含めてすべてただでした。

「グラッツェ……」

慣れないイタリア語をつぶやいてお店を出ました。

狐に包まれた気分でした。

ミラノから日帰りで行ける距離だし、イタリア旅行の際はベルガモへ行ってみてはいかがでしょうか?

そしてお食事はぜひTavernaで。(さすがに食事無料サービスはやっていないと思いますが)料理、おいしかったです。