数か月前の怠惰なわたし、ありがとう

前の記事で紹介した、怠惰を治すための本の要約を作り、私は身構えました。

 

とうとう勤勉になる日が来るのかもしれない。

要約する作業が2日も掛かり、しかもそのほとんどの時間は関係ないネットサーフィンとYouTubeに費やされていたということは置いておいて、要約をようやく終えた私はとりあえず行動に移そうと思いました。

私は昔から受験中に勉強をせず勉強法を読みまくったりするタイプで、つまり現実逃避ばかりして行動に移さない人間です。

それじゃだめだ、と思ってとりあえず私はある目標を立てました。

 

「水曜日、学校から帰ったらプロテインを飲んでジムへ行く」

 

以前の記事で「できる気がしないので、ジム通いは宣言しません」と宣言した私ですが、その後寝る前の歯磨きが習慣化できつつあるので、少し自信がついてジム通いももしかしたら……?と思ったのです。

そして今日の朝起きて、なんと朝からごはんを炊いて(!)アボカド&スモークサーモン丼を食べ、久々に講義に出席しました。内容は意味が分かりませんでしたが、とりあえずノートまで取りました。

 

自分の成長にただただ驚くばかりです。

 

最近朝ごはんは食べない、講義には一切出席しない、という最悪の生活を送っていたので……。

それから家に帰って、すごく嫌だったけれどプロテインを飲みました。

まずかったです。

 

それから、覚悟を決めて服を着替え、用意をして家を出ました。

歩いているうちにドリンクボトルを忘れたことに気付きましたが、どうせ30分くらいしかワークアウト(とか言ってみる)するつもりがないので、そのままフィットネスへ向かいました。

 

しかし、フィットネスに着いて入り口でカードをかざしたのになぜか赤いランプが光って入れない……。

係員の人を呼んで訊くと、

「君、今お休み期間ですよ。残念だけど入れてあげられません」

と言われました。

 

わたしの行っているジムは月額15ユーロ(2000円くらい)とかの安さな上、年に6か月お休みできるシステムがあります。

で、何か月か前にジムの更新をやめようと思ったときに、使えるだけ休み期間を使っておこうと思い12月も確かお休みにしたんだったと思います。

 

そんなわけで、私は

「あら、分かりました。」

と残念そうな顔で言って帰ってきましたが、家まで歩いている間嬉しくて幸せでした。

 

わたし、スポーツが嫌いなわけではないんですけれどねぇ……。

 

というわけで、来年もう一度挑戦しようと思います。

……あら、鬼が笑ってる?